プロフィール
315
315
青春はオッサンでも出来るぜ。
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ

2012年05月05日

近代遺産探訪|大蔵橋




≪はじめに≫

山形県の産業、交通、土木に関する近代建造物の由縁には、
「土木県令」などと称された初代県令三島通庸の存在があり、
彼の遺芳となる当時の画期的な建造物の一部は、現代もその
偉容を視認出来る特色がある。


然り乍ら文化財としての保存や活用が図られる近代建造物は
僅かであり、一方では産業の合理化、経済史の変遷、生活様式
の変革などを受け、本来の意義や技巧的で貴重な価値も一顧
されぬまま老朽化と評価され、ひっそりと消滅していく実情も
拭い切れない。


此処に於いて、本県に残る明治初期から昭和中期時代に掛けて
の“近代遺産”を個人的に探訪し、当時の情景を想見する。






大蔵橋(大蔵村清水)


本県の盆地や平野を縦断して日本海に流れ入る「母なる川」最上川は、
治水や利水によって流域に穀倉地帯を形成し、商工業の重要な水運を
担うなど、古来から地域の発展に寄与してきたが、水害の発生や陸路
の難所などの弊害を及ぼしている。


旧橋(初代)と新橋(2代目)の橋名板

然り而して時代は昭和期を迎えると、最上川を渡河する長大な
橋梁が次々に現れ、“陸路の難所”は解消されたかに見えた。






大蔵橋(初代)
≪2006年10月31日撮影≫


旧大蔵橋(右岸下流)

言うに及ばず「母なる川」で南北に二分された大蔵村内の
国道458号に架かる大蔵橋も同然である。









大蔵橋(初代)
≪2006年10月31日撮影≫


旧大蔵橋(右岸)

■名称/大蔵橋
■所在地/最上郡大蔵村大字清水地内
■種別/橋梁(道路橋)
■構造・材質/下路式曲弦プラットトラス鋼桁+RCスラブT形桁橋
橋長167.5メートル
■竣工/1931年(昭和6年)5月
■設計・施工/櫻田機械製造所(現・サクラダ)、升川建設






架橋前の当地での最上川両岸の移動は渡し船の利用以外に方法が
無く、安全性や利便性などを兼ね備えた橋の要望は常不断であろう。

然れど実際は一山越す程の苦心に苦心を重ねた工事だったとか。


稲沢の渡し公園(左岸)

斯くて75年が過ぎた。

本合海バイパス道路の事業化により大蔵橋は新たに架替えられ、
供用を開始した一方で、半世紀以上の時代史を静観した地域の
ランドマーク的な存在の旧橋は、多年の役割に幕を下ろした後
に消失の一途を辿る。但し愛着や地域共有財産としての価値観
が醸成されつつあるだけに惜別の情を感じる。






大蔵橋(2代目)
≪2006年10月31日撮影≫


新大蔵橋(右岸下流)

■名称/大蔵橋
■所在地/最上郡大蔵村大字清水地内
■種別/橋梁(道路橋)
■構造・材質/上路式連続箱形鋼桁橋、橋長229.2メートル
■竣工/2006年(平成18年)10月
■設計・施工/高田機工・駒井鉄工(現・駒井ハルテック)特定JV






『大蔵の 渡河の歩みに 玄趣あり』(在郷)


旧大蔵橋(左岸下流)

初代・大蔵橋/2007年(平成19年)解体撤去






フォトラバテーマ
※マイ.橋あります!※
やまがたレトロード
今稚句抄
トリプル参加。


御粗末様(苦笑)






▼おまけ(2012年6月14日撮影)


旧大蔵橋記念碑(右岸)



旧大蔵橋モニュメント



旧大蔵橋橋名板






当ブログに掲載の記事及び画像の無断転載を禁じます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリー(TOPIC)の記事画像
田んぼアート2017@内陸
240分の1
ラストラン目送|山形新幹線
田んぼアート2016@内陸
納涼瀑布@2016
シャッター☆チャンス@内陸
同じカテゴリー(TOPIC)の記事
 田んぼアート2017@内陸 (2017-08-20 21:31)
 240分の1 (2017-02-21 23:26)
 ラストラン目送|山形新幹線 (2016-10-29 17:29)
 田んぼアート2016@内陸 (2016-08-28 15:56)
 納涼瀑布@2016 (2016-08-22 12:22)
 シャッター☆チャンス@内陸 (2015-12-01 06:22)

この記事へのコメント
貴重なお写真を拝見できて嬉しいですっ♪
あっ、フォトラバご参加もありがとうございますっ(^O^)/
Posted by はらほろはらほろ at 2012年05月05日 23:32
はらほろさん
 どうもです。
 てか随分と温め過ぎたネタですが(苦笑)
Posted by 315 at 2012年05月06日 23:42
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。